会社情報

社長ご挨拶

NAAグループは、2004年の民営化以降、経営理念として「国際拠点空港としての役割を果たし、グローバルな航空ネットワークの発展に貢献する世界トップレベルの空港を目指す」ことを経営理念として掲げ、事業を展開しております。
その中で弊社は、2005年4月、成田国際空港全域の警備や航空機事故・火災等に備える消防業務の一元的なコントロールを使命とする会社としてNAAより分社独立し、業務をスタートいたしました。
2009年からは、成田国際空港の、警備消防業務に加え、航空機の安全運航を支える飛行場面(じょうめん)管理業務を開始し、成田空港全体の危機管理を担っています。
2015年より、第3旅客ターミナルビルの供用に合わせ、新たな業務として、お客様ご案内業務や遺失物対応など、お客様サービス全般の業務を開始し、日々お客様と接する中で、社員一人ひとりがプロフェッショナルであるという意識を持ち、日々スキルアップに努めております。
2018年4月には、NAAグループ会社である株式会社NAAコミュニケーションズの警備機器等電気通信設備等の保守業務、調査設計業務、工事、施工管理業務、IDカード発行業務等の全事業を引き継ぎました。この合併により、さらなる安全品質の向上を図り、総合警備機能を強化しております。
2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、世界中から多くのお客様をお迎えすることとなります。皆様が安全に、そして安心して成田空港をご利用いただけるよう、これまで以上に迅速かつ確実に各種事案に対処していくとともに、真心を持ってお客様にご満足いただけるようなサービスを心掛け、世界最高水準の安全性と安定運用、そしてお客さま満足度の徹底追求を目指してまいります。
今後とも引き続きご支援の程お願いいたします。
代表取締役社長今田 憲仁